奨学金制度

Scholarship

ジョービは様々な学費サポート
制度を完備しています。

国の教育ローン 日本学生支援機構
奨学金
入学前の納入金から利用が可能! 多くの学生が利用する奨学金制度!
高等教育の修学支援
新制度
学費分割納入制度
給付型奨学金・授業料等の減免制度! 入学手続金からの学費を分割して納入可能!
無利子奨学制度 JO-BI進級時特待生制度
高校生を対象とするグループ独自の奨学金! 社会人を対象とするグループ独自の奨学金!
提携教育ローン
提携する3社のローンを利用可能!

国の教育ローン
(日本政策金融公庫)

専門学校などに進学する人の保護者や本人に融資されます。「教育一般貸付」「郵貯貸付」があり、それぞれ条件は違いますが、一般的に銀行などの教育ローンよりも利率が低く、年1.65%の固定金利(2021年11月現在)です。融資対象となるのは、入学金や学費はもちろんのこと、次のような費用も対象となります。
※その他、教育ローンについては各金融機関へお問い合わせください。

用途
  • 学校納付金(入学金、授業料など)
  • 受験にかかった費用(受験料、交通費、宿泊費など)
  • アパート、マンションの敷金、家賃など
  • 教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、学生の修学旅行費用、国民年金保険料など
  • ※今後1年間に必要となる費用が融資の対象となります。
融資金額 学生・生徒お1人につき350万円以内
利率 年1.65%の固定金利(2021年11月現在)
(母子父子家庭または世帯年収200万円(所得132万円)以内の方は年1.25%)
融資資格

●FSGカレッジリーグに入学・在学される方の保護者で、次表の年間収入(所得)以内の方。
世帯の年度収入(所得)には、世帯主のほか、配偶者等の収入(所得)も含まれます。

子どもの人数※注1 給与所得者 事業所得者
1人 790万円 600万円
2人 890万円 690万円
3人 990万円 790万円
4人 1,090万円 890万円
5人 1,190万円 990万円

※注1
「子どもの人数」とは、お申込頂く方が扶養しているお子さま等の人数をいいます。年齢、就学の有無を問いません。「5人以上」の場合は教育ローンコールセンター(Tel:0570ー008ー656)へお問い合わせください。

●世帯の年間収入が990万円(所得790万円)以内であって、次の特例要件のいずれかに該当する方。

【特例条件】

  • (1)勤続(営業)年数が3年未満
  • (2)居住年数が1年未満
  • (3)世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者
  • (4)借入申込人またはその配偶者が単身赴任
  • (5)返済負担金(借入申込人の借入年間返済額/年収)が30%超
  • (6)ご親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護に関する費用を負担
必要書類 借入申込書・所得証明書・住民票・使途証明書・在学証明書・本人確認のできる書類・預金通帳
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子父子家庭または世帯年収200万円(所得122万円)以内の方は18年以内)
返済方法 ◎毎月元利均等返済 ◎元金据置可 ◎ボーナス月割増返済(ご融資額の2分の1以内)可
保証人 (公財)教育資金融資保証基金の保証または連帯保証人
返済例

【在学中から元金を返済する場合】

●毎月金利均等返済(毎月の返済額が一定です)

融資額 返済期間 毎月の返済額
300万円 5年(60回払) 53,000円
10年(120回払) 27,400円
15年(180回払) 19,000円
200万円 5万円(60回払) 35,400円
10年(120回払) 18,300円
15年(180回払) 12,700円
100万円 5年(60回払) 17,700円
10年(120回払) 9,200円
15年(180回払) 6,400円

●ボーナス月増額返済(ボーナス返済分をご融資額の50%とした場合です

融資額 返済期間 毎月の返済額 ボーナス月の返済額
300万円 5年(60回払) 26,500円 182,800円
10年(120回払) 13,700円 95,100円
15年(180回払) 9,500円 65,900円
200万円 5万円(60回払) 17,700円 121,900円
10年(120回払) 9,200円 63,400円
15年(180回払) 6,400円 44,000円
100万円 5年(60回払) 8,900円 61,000円
10年(120回払) 4,600円 31,700円
15年(180回払) 3,200円 22,000円

【在学中は、利息のみをお支払いの場合(卒業後に元金を返済する場合)】

100万円借入の場合
返済期間:10年間(うち元金据置期間:2年)在学中は毎月1,400円を支払います。
卒業後毎月11,200円を支払います。卒業後から元金の支払いを開始します。

※据置期間/在学期間以内で元金のご返済を据置くこと。利息のみのご返済ができます。
※年1.65%の利率でボーナス返済分なしの場合の計算した返済例です。
※ご返済額はご希望ご返済期間等により異なります。
※ボーナス月増額返済のボーナス返済分は最大で融資額の50%です。

取扱期間 一年を通して常時可能。入学費用は合格前に申込可能。
申込先
  • 日本政策金融公庫 国民生活事業(0570-008-656)の各支店(全国152店舗)
  • インターネット(URL:https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
  • 最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)でもお取り扱いしています

日本学生支援機構 奨学金制度

※貸与開始は入学後となります。

FSGカレッジリーグは、日本学生支援機構奨学金制度適用校となっておりますので、ご希望の方はご活用ください。

日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により就学が困難である優れた学生に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、毎月決められた金額を返還していただくことになります。申し込みの際は、家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮の上で申し込みをしてください。

予約採用(本校入学前)

事前予約制度

日本学生支援機構では、高校3年生を対象に4~5月頃、奨学金の予約制度を実施しています。高校3年時に申込みをし貸与決定となった場合、FSGカレッジリーグ各校入学時に「大学等奨学生採用候補者決定通知」を提出することによって貸与が受けられますので高校在学中に申し込まれることをおすすめいたします。詳しくは、ご自分の高校にお問合せください。

在学採用(本校入学後)

  第一種奨学金 (無利子貸与) 第二種奨学金 (有利子貸与 年3%上限)
申込先 本校
申込資格 日本学生支援機構で定められている基準を満たす者。
これまでに日本学生支援機構奨学金制度の奨学金を借りたことのある人は、申し込むことができない場合や借りられる期間(貸与終期)が制限される場合があります。また、外国籍の方はFSGカレッジリーグ各校に相談してください。その他、詳しい内容や外国籍の方のお申し込みはFSGカレッジリーグ学費サポートセンター(☎︎024–954–5076)までお問い合わせください。
募集時期 ①2022年4月中旬~5月上旬 ②6月
学力基準 1年次 ①高等学校最終2か年または専修学校高等課程最終2か年の成績が3.2以上
②高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記①に
準ずると在学する学校長から認められる人
①出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる人
②特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる人
③学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人
④高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる人
2年次 ③本人の属する学科の上位1/3以内の人
家計基準(目安) 日本学生支援機構で定められている以下の家計基準(目安)以下であること。
  進学形態 給与所得 給与所得以外 給与所得 給与所得以外
4人 自宅 719万円 329万円 1,123万円 715万円
自宅外 782万円 374万円 1,168万円 760万円
5人 自宅 952万円 544万円 1,368万円 960万円
自宅外 1,042万円 634万円 1,458万円 1,050万円
収入に関する
提出書類
●申込者本人及び生計維持者のマイナンバー(個人番号)のコピー
※その他必要に応じた書類の提出を求められる場合があります。
入学時特別増額貸与奨学金
  • 「国の教育ローン」日本政策金融公庫を申し込んで貸与を受けることができなかった方が対象となります。
  • 貸与額は10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択できます。
  • 入学時特別増額貸与奨学金だけを受け取ることはできません。
  • 貸与金利は基本月額に係る利率に0.2%上乗せされます。

奨学金の返還について

返還期間(回数)は返還方式に応じて異なります。

1.所得連動返還方式の場合

毎年の所得に応じて返還月額が変わるため、返還期間(回数)は定まりません。所得や貸与総額によって返還期間(回数)は異なります。

2.定額返還方式の場合

返還期間(回数)は貸与総額および割賦方法に応じて決まります。

貸与金額と返済例について
(2年課程の場合)

※機関保証制度を利用した場合は、貸与月額より「保証料目安」が差し引かれます。

詳細は、ご自分の高校または、進学予定校までお問い合わせください。

区分 第一種奨学金 第二種奨学金
月額2〜12万円で1万円きざみで選択できます。
※2019年12月貸与終了者利率0.16%で計算しています。
自宅・自宅外通学 自宅通学 自宅外通学
貸与月額 20,000円 30,000円 40,000円 53,000円 60,000円 30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円
保証料目安※ 469円 703円 1,032円 1,608円 1,952円 831円 1,794円 3,080円 4,360円 5,529円
貸与総額 480,000円 720,000円 960,000円 1,272,000円 1,440,000円 720,000円 1,200,000円 1,920,000円 2,400,000円 2,880,000円
返還総額 無利子のため貸与総額と同額 725,756円 1,212,507円 1,941,594円 2,430,870円 2,919,400円
返還回数
(年数)
108回
(9年)
108回
(9年)
120回
(10年)
144回
(12年)
156回
(13年)
108回
(9年)
144回
(12年)
156回
(13年)
180回
(15年)
192回
(16年)
返還月額 4,444円 6,666円 8,000円 8,833円 9,230円 6,720円 8,420円 12,445円 13,504円 15,204円

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度は、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、一定の要件を満たすことの確認を受けた大学・短 期大学、高等専門学校、専門学校を対象機関(確認大学等)とすることとしています。 本校は、高等教育の修学支援新制度の対象機関(確認大学等)となっておりますので、ぜひご活用ください。

収入に関する提出書類(必須)

●申込者本人及び生計維持者のマイナンバー(個人番号)のコピー
※その他必要に応じた書類の提出を求められる場合があります

支援対象

①世帯収入や資産の要件を満たしていること(住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯)
②進学先で学ぶ意欲がある学生であること
③入学時期等に関する要件を満たしていること(高等学校卒業後2年が経過していない方等)
※基準を満たす世帯収入は、家族構成により異なります。
※支援対象の詳細は、日本学生支援機構や文部科学省のホームページにてご確認ください。
※①の収入・所得の上限の目安は次のとおりです

世帯人数 想定する世帯構成 (★)が給与所得者の世帯
(年間の収入金額)
(★)が給与所得者以外の世帯
(年間の所得金額)
第Ⅰ区分 第Ⅱ区分 第Ⅲ区分 第Ⅰ区分 第Ⅱ区分 第Ⅲ区分
2人 本人、母(★) 229万円 332万円 402万円 131万円 197万円 251万円
3人 本人、母(★)、高校生 289万円 391万円 457万円 172万円 241万円 295万円
4人 本人、親①(★)、親②(無収入)、高校生 295万円 395万円 461万円 186万円 256万円 305万円
4人 本人、親①(★)、親②(給与所得者)、高校生 親①:295万円
親②:115万円
親①:336万円
親②:155万円
親①:409万円
親②:155万円
親①:169万円
親②:115万円
親①:195万円
親②:155万円
親①:246万円
親②:155万円
5人 本人、親①(★)、親②(パート)、高校生、中学生 親①:321万円
親②:100万円
親①:395万円
親②:100万円
親①:461万円
親②:100万円
親①:207万円
親②:100万円
親①:256万円
親②:100万円
親①:309万円
親②:100万円

支援内容

①入学金・授業料の免除または減額
②給付奨学金の支給
※①②とも、世帯収入に応じた3段階の支援区分でサポート額が決まります

減免上限額 給付奨学金月額 第一種奨学金※1 貸与月額
入学金 授業料 自宅通学 自宅外通学 ※ 2 自宅通学 自宅外通学
第Ⅰ区分(満額対象者) 150,000円 590,000円 38,300円 75,800円 0円 0円
第Ⅱ区分(2/3 対象者) 100,000円 393,400円 25,600円 50,600円 0円 0円
第Ⅲ区分(1/3 対象者) 50,000円 196,700円 12,800円 25,300円 18,300円 23,800円
対象外 53,000円 60,000円

※ 毎年10月に支援区分の見直しが行われます。
※ 1 A給付奨学金とB第一種奨学金を併せて利用する場合、第一種奨学金の貸与月額が調整されます。
※ 2 自宅外通学 ··· 採用当初は自宅通学月額を支給し、機構での審査後要件を満たした方は、自宅外通学となった月まで遡った分の差額が 振込まれます。

FSG学費サポート制度

学費分割納入制度

対象金額 入学手続金からの学費すべて
事務手数料 学費管理費として年間16,500円(税込)が必要となります。
申込資格 原則日本学生支援機構予約採用者、または入学後に日本学生支援機構の申込予定者。
※入学手続金から学費分割納入制度を利用する場合は、日本学生支援機構の予約採用者であり、さらに入学時特別増額貸与予定者であることが条件となります。また、頭金として50,000円以上を納入していただきます。
申込方法 詳しくは、FSGカレッジリーグ学費サポートセンターまでお問い合わせください。
支払い方法 口座振替にて毎月16日(土日、祝日に当たる場合は翌日)に振替予定。
中途退学の場合、残金を一括でお支払いとなります。
滞納対応 1か月滞納:学生、保証人あてに督促案内。
2か月滞納:分納制度のご利用が停止となり、一括請求になります。
3か月滞納:除籍処分となり、授業や実習を受けることができません。(進級・卒業ができなくなります。)
また、それぞれの学年の1月末において未納がある場合には進級・卒業ができません。

※他のFSGカレッジリーグの学費サポート制度との併用はできません。

無利子奨学制度
<高等学校新規卒業者>

この制度は家計の事情等により就学が困難と思われる学生に対し奨学金を貸与し、卒業後5年以内の返済期間を設けることにより、就学の便をはかるものです。

申込資格 2023年3月高等学校卒業(見込)者
奨学生としての態度・行動を忘れずに学業に励む方。経済的に就学が困難な方。
申込方法・書類

下記の書類①、②、③を出願書類と一緒に提出してください。

  • ①FSGカレッジリーグ無利子奨学生申込書
  • ②所得証明書(市町村役場で発行のもの。源泉徴収票は不可。)※所得の有無に関わらず、家族全員分を提出してください。(就学者は不要。)
  • ③住民票(世帯全員分)
選考方法 入学試験の書類審査、面接および奨学金の申込書、所得状況により審査します。
定員 200名
貸与金額 年額30万円
1年時は、後期授業料へ、進級時は進級直前3月に年間学費へ貸与。(学費請求時に奨学金を充当させていただきます。)
金利 無利子
返済期間 卒業後5月から5年以内 毎月均等返済(口座振替)
返済免除制度 在学中の態度、行動が特に優秀と認められた場合、卒業後の奨学金の返済を全額または半額免除する制度です。

無利子キャリア奨学制度
<社会人・高校既卒者>

この制度は家計の事情等により就学が困難と思われる学生に対し奨学金を貸与し、卒業後8年4ヶ月以内の返済期間を設けることにより、就学の便をはかるものです。特に、一旦社会人になられた方や、大学等からさらにFSGカレッジリーグへの進学を目指す方を経済的に支援するためのものです。

申込資格 2022年4月2日時点で満19歳以上の者
奨学生としての態度行動を忘れずに学業に励む方。経済的に就学が困難な方で日本学生支援機構給付奨学金の申込みが不可の方。
申込方法・書類

下記の書類①、②、③を出願書類と一緒に提出してください。

  • ①FSGカレッジジ一グ無利子奨学生申込書
  • ②所得証明書(市町村役場で発行のもの。源泉徴収票は不可。)※所得の有無に関わらず、本人を含む家族全員分を提出してください。(就学者は不要。)
  • ③住民票(世帯全員分)
選考方法 入学試験の書類審査、面接および奨学金の申込書、所得状況により審査します。
定員 50名
貸与金額 年額100万円
1年時は、入学手続金、教材・実習費、後期授業料へ、進級時は、年間学費、教材・実習費へ貸与。(学費等請求時に奨学金を充当させていただきます。)
金利 無利子
返済期間 卒業後5月から8年4ヶ月(100回) 毎月均等返済(口座振替)
返済免除制度 在学中の態度、行動が特に優秀と認められた場合、卒業後の奨学金の返済を全額または半額免除する制度です。
連帯保証人 父母のいずれか1名、4親等以内の親族(有職者)1名
契約 上記連帯保証人2名と、本人が来校し、面前で契約

提携教育ローン

提携会社 オリエントコーポレーション セディナ ジャックス
融資額 10万円以上最高500万円 4万円以上最高500万円 20万円以上最高500万円
利率 年3.5%(固定利率/2022年3月現在)
返済 リボ払いのため毎月最低分割支払金額の定めあり。
据置期間含め最長12年2か月、卒業後8年2か月以内
元本据置期間含まず最長120回 元本据置期間含め最長120回
保証人 原則不要
申込方法 所定の申し込みが必要です。FSGカレッジリーグ学費サポートセンターまでお問い合わせください。