公務員になるための
万全の学習環境

公務員試験合格を着実に近づけるサポート体制

1公務員試験を知り尽くした講師&クラス担任制

合格に向けて膨大な学習を要する公務員試験に臨む上で「誰から教わるか」はとても重要です。JO-BIでは、教育現場での豊富な経験を持つ講師から授業を教わることができます。また、クラス担任制により、学生一人ひとりの状況をしっかりと把握しながら、日々の学習から私生活の相談まで対応できる環境が整っており、安心して学校生活を送りながら公務員を目指すことができます。

2公務員試験対策合宿

公務員試験への道のりは受験生が思う以上に長いものです。モチベーションと健康を維持しながら学力を向上するには精神力や体力も必要です。学校とは異なる学習環境での合宿を通して、頭・心・体の準備を整えながら、着実に公務員試験合格を目指します。

3放課後補習対応

「家に帰るとやる気スイッチが入らない。集中して勉強できない」という方は多いと思います。終業後の学習を希望する学生のために20時まで学校を開放しています。また、学校が閉まるまで必ず先生もいるため、分からないことを聞きながら勉強することができます。

4面接・集団討論対策

学力が重要になる一次試験に対し、コミュニケーション力や人間性が重要になるのが面接・集団討論試験です。一次試験に合格した学生全員に対し、本番さながらの練習・対策を繰り返します。また、公務員として働く卒業生からの受験対策講話など、他校にはない対策も行います。

私たちがみなさんの公務員試験合格をサポートします!

官公庁や企業と連携した豊富な実践授業

1企業共同演習

地域の魅力を知ること、その魅力をより多くの方々に知ってもらうための手法を考えることは、公務員としては至極当然に取り組むべき内容です。「公務員試験に合格するため」だけではなく、「公務員試験に合格して公務員になってから」を見据えた学習として、JO-BIの地元・郡山市で、街中を散策しながら世界に目を向けた地域のブランド商品などを研究し、外部への発信方法を協議し、プレゼンします。

2ボランティア活動

公務員試験合格に向けて学力を向上させることは重要ですが、人のため地域のために働く公務員を目指す上で、人のため地域のために貢献する経験はとても重要であり、必須とも言えます。地域の清掃活動やイベント等の運営サポートなど、ボランティア活動を授業の単位とすることで、学校全体として外部連携を推進するとともに、地域のために働くという意識を高める機会を構築しています。

3行政機関視察研修

国会議事堂や東京都内区役所、外務省や防衛省、検察庁や税務局、入国管理局や東京消防庁など、関東の行政機関を見学し、研修を実施します。研修では各機関に勤務する職員のほか、公務員として活躍する卒業生から、現場や仕事の内容に関して、より具体的な話を聞くことができます。自分自身が働く姿を強くイメージすることで、公務員試験合格に向けたモチベーションを向上させます。

4人事担当者講演会

各機関の人事担当者に来校していただき、講演会や説明会を実施します。各機関が求める人物像や新任職員に期待していることなど、組織の要望を聞くことで、採用試験に向けた意識を高めます。同様の講演会等は、公務員を目指せる教育機関すべてが実施しているわけではなく、公務員として活躍する卒業生、その卒業生を輩出している学校として、大きな信頼があるからこそ実施することが可能です。