実践教育

社会のニーズに合った実践教育

企業、団体、行政、国と連携したカリキュラムで、即戦力となる知識と技術を身に付けます。

  • 産学官連携実習
  • インターンシップ
  • ボランティア実習

学校内では出来ない現場での実践教育を通して、営業力・企画力・プレゼンテーション力を身に付ける事ができます。

1産学官連携実習

「商店街活性化」・「観光客誘致」等のテーマを設け、関係機関と協力した実習を実施。調査・議論・発表等からコミュニケーション力とプレゼンテーション力を高めます。

2インターンシップ

協力企業様でのインターンシップを通して、業務内容・顧客対応等を学ぶ事により、実務力を高めます。

3ボランティア実習

「奉仕の精神」を身に付ける事を目的に、学外でのボランティア活動を授業の一環として単位を認めています。

  • 国・県連携事業
  • 職業実践専門課程
  • グローバル教育

学校・企業・団体・国が連携する事により社会が求める人材像を、学校内のカリキュラムに反映させることができます。

1国・県連携事業

国の採択を受け業界関係者と連携しながら、今後の日本で必要な人材のカリキュラムの開発・実践します。

2職業実践専門課程

外部有識者の意見がカリキュラムに反映され、自校だけではできない、より実務的・実践的な教育ができます。

3グローバル人材育成

JO‐BIには20名以上の留学生が在籍。切磋琢磨しながら、国際感覚豊かな人材を目指します。

これまでJO‐BIが取り組んできた実践授業

JO‐BIがこれまで取り組んできた実践授業の一例を紹介します。
机に向かうだけでなく、外部の企業・団体と連携した実践授業を行う事によって、各学生たちの実践力は確実に高まっています。
JO‐BIの確かな実績の裏付けです。

1

若者・留学生による
観光地の新たな魅力発見実習

  • ビジネス分野
  • 国際分野
  • 連携先:福島県/JR東日本/富士通/ネットワークソリューションズ/ポニーキャニオン/JTB/NTTドコモ
  • 期間:通年
  • 対象学科:観光科/国際ビジネス科

学生たちが郡山駅周辺を回り、留学生目線で見た面白いものを再発見し、PVとポスターを制作。12月には東京の渋谷で行なわれた「まちてん 地方創生まちづくりフォーラム」でブース出展とプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションの際には、地方創生事業のプロフェッショナル3社の皆様に講評をいただきました。

2

うねめの里
ボランティア実習

  • 医療事務分野
  • 連携先:社会福祉法人 郡山福祉会 特別養護老人ホーム うねめの里
  • 期間:7月31日~8月20日(※期間内で2日ずつ)
  • 対象学科:医療事務分野 全学科

日常動作の介助や夏祭りなどのイベントを通し、利用者の方とコミュニケーションをとりました。その中で、相手の立場に立った応対や医療機関で求められる臨機応変な対応を実践的に学びました。

3

レストランサービス
運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:郡山ホテル協会ホテルハマツ
  • 期間:1月20日
  • 対象学科:ホテルビジネス科

ホテルハマツ様でのレストラン実習。料理のチョイス、予算、会場演出、料理の給仕の一連を学生が担当する事により、接客マナーや演出手法を実践的に学びました。

4

こおりやま
献血推進プロジェクト実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:日本赤十字社 福島赤十字血液センター 郡山駅前献血ルーム
  • 期間:7月~11月
  • 対象学科:販売ビジネス科

若年者をターゲットに、「どのようなアクションを起こせば若者が献血に協力してくれるのか」等を考えるプロジェクトを組織。エキナカ献血ルーム内のコーディネート提案や献血イベントの企画立案を目指して活動しました。

5

福島ファイヤーボンズ
ホームゲーム運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:福島スポーツエンタテインメント
  • 期間:10月~3月
  • 対象学科:スポーツビジネス科

試合前の会場準備から試合後の会場撤収作業まで担当し、プロチームの運営方法を学びました。実習に数多く参加することで学生自身が役割を理解し、指示をされる前に率先して行動することができました。

6

地域活性化に向けた講演会
~まざっせKORIYAMA様~

  • 公務員分野
  • 連携先:NPO法人まざっせKORIYAMA
  • 期間:11月30日
  • 対象学科:公務員科

商店街の目的や集客のために取り組んでいることや若者たちに望むことなど、具体的にそして幅広い講話をいただきました。地域を活性化させるためにどのような知識やアクションが必要なのかを学びました。

7

福島のこどもたちを健康に導く
運動プログラム~BALL GAME実習~

  • ビジネス分野
  • こども保育分野
  • 連携先:幼稚園/保育所/小学校
  • 期間:通年
  • 対象学科:こども保育科 スポーツビジネス科

JO-BIと文科省の共同で開発した「こどもたちを健康に導く運動プログラム」。こども保育科とスポーツビジネス科の学生が県内保育園などでこのプログラムを活用し、普及活動をしています。

学生が企画立案
沖縄研修旅行実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:福島交通観光(株)
  • 期間:4月~
  • 対象学科:観光科

旅行のプランニング・プレゼン・旅行の準備・当日の添乗・旅行の報告まで学生主導で実施。より実践に近い授業を通して、観光業界への理解を深めるとともに就職後、即戦力として働ける人材育成を目的に取り組みました。

9

ウエディングセレモニー2016
挙式プロデュース

  • ビジネス分野
  • 連携先:郡山ホテル協会 郡山ビューホテル
  • 期間:7月、1月、2月
  • 対象学科:ホテルビジネス科

学生が全て企画し、実際の結婚式・挙式を実施。新郎新婦と時間をかけ打ち合わせをし、希望に沿った式をプロデュース。当日の運営も学生が行い、結婚式にかかわる一連の流れを経験できる貴重な機会でした。

10

「創業するなら郡山!」
コンテンツ作成実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:NPO法人アイカラー福島/郡山市産業観光部/FUKUSHIMA TRIP㈱/コンセプト・ヴィレッジ/ワンリフレクト
  • 期間:11月~12月
  • 対象学科:経営流通ビジネス科

多くの方々に「起業するということ」、「創業に必要な夢や情熱」等について考える機会を持ってもらうため、市内で活躍されている3名の創業者にインタビューし、コンテンツを制作しました。

11

歯科アシスタント科
歯科医院診療実習

  • 医療事務分野
  • 連携先:くろだ歯科・矯正歯科クリニック
  • 期間:通年
  • 対象学科:歯科アシスタント科

郡山市内の歯科医院にて、歯科助手として必要な診療補助の実習を実施。一般診療に必要な、器具や器材の名称、使用目的の学習、ドクターの診療補助から器具の受け渡し等、より診療に近い環境の中で学びました。

12

スポーツ用品(グローブ)
加工実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店
  • 期間:6月22日/11月16日
  • 対象学科:スポーツビジネス科

野球用品をお買い求めになるお客様を想定し、野球グローブの歴史やメーカーごとの加工方法を学びました。グローブの紐通し加工を体験することでスポーツ用品の知識を深めました。

13

スポーツシューズ
フィッティング・販売実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:ミズノ(株)
  • 期間:9月~11月
  • 対象学科:スポーツビジネス科

ミズノの歴史やランニングシューズの基礎を学び、学生が取得したスポーツシューフィッターライセンスを活かしながらの実践授業。顧客に合った靴選びやインソールの技法を学び、売り方のポイントや接客方法も学びました。

14

日本医療秘書学会学術大会
研究発表

  • 医療事務分野
  • 連携先:日本医療秘書学会
  • 期間:2月11日
  • 対象学科:医療事務分野 全学科

医師業務を支える医師事務作業補助者について、県内各病院にヒアリング・調査を行い、震災前・震災後の導入率の違いや効果について考察をしました。必要性をデータで学会にてプレゼンテーションし、見事日野原重明賞を受賞しました。

15

アスリート向けマウスガード
(口腔保護装置)制作実習

  • 医療事務分野
  • ビジネス分野
  • 連携先:開成宮本歯科医院/つかはら歯科/福島ファイヤーボンズ
  • 期間:9月~10月
  • 対象学科:歯科アシスタント科 スポーツビジネス科

スポーツ外傷の1つの口腔外傷に対する治療・予防の観点からスポーツ歯学を導入。市内歯科医院と福島ファイヤーボンズにご協力いただき、スポーツマウスガードの重要性を把握し、予防の大切さを学びました。

16

郡山ランニングフェスティバル
運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:Get on Sports(株)
  • 期間:9月18日
  • 対象学科:スポーツビジネス科

郡山市で初開催のランニングフェスティバルの運営サポートを行いました。大会前日の会場設営から競技中のコースサポート、給水担当など、競技者がパフォーマンスを発揮しやすい環境を運営側として支えました。

17

福島ユナイテッドFC
ホームゲーム運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:福島ユナイテッドFC
  • 期間:4月~7月
  • 対象学科:スポーツビジネス科

お客様が喜んで観戦できるように試合会場の設営や、試合中の誘導、チケット販売などの業務を担当しました。一人ひとりのお客様に丁寧に接すること、笑顔で対応すること、接客業に必要なことを学びました。

18

福島ホープス
ホームゲーム運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:福島ホープス
  • 期間:4月~8月
  • 対象学科:スポーツビジネス科

ホーム試合での運営実習。一人でも多くの観客が来場するように、学生目線でのイベント企画運営実習を行いました。プロスポーツを盛り上げる為に「エンターテイメント」を重視した球場作りを心掛け、実施しました。

19

まちなかの活性化に向けた講演会
~郡山市都市整備部~

  • 公務員分野
  • 連携先:郡山市都市整備部都市計画課
  • 期間:6月1日
  • 対象学科:公務員科

郡山市役所職員の方に、昔の市街地の様子や、行政が考えるこれからの郡山市など貴重な講話を頂きました。「こんな街にしたい」「こんな施設があったら活性化するのでは」など考える機会となりました。

20

JO-BI杯
学童軟式野球大会

  • ビジネス分野
  • 連携先:福島県野球連盟県中支部
  • 期間:11月12日・13日
  • 対象学科:スポーツビジネス科

プロチームでの実習を活かし、学んだ運営方法を学生が主体となり、大会主催運営。大会当日までは組み合わせ表作成、景品準備、グランド作成など、おもてなしのある大会運営を行いました。

21

まちなか宝探し合戦
運営実習

  • 公務員分野
  • ビジネス分野
  • 連携先:まちなか宝探し合戦実行委員会
  • 期間:10月2日
  • 対象学科:公務員科/観光科

街中スタンプラリーイベントの企画と各店舗への協力依頼、スタンプラリーの際のクイズやスタンプのデザインを一緒に考え、手作りでスタンプを作成しました。

22

郡山市 まちなか子ども
夢駅伝競走大会運営実習

  • ビジネス分野
  • 連携先:郡山市中央商店街振興組合
  • 期間:5月28日
  • 対象学科:スポーツビジネス科

スポーツビジネス科1年生が郡山市まちなか夢駅伝大会の運営スタッフとして参加しました。こども達が安心・安全に「夢のタスキ」を繋げるよう、学生が会場設営や競技補助を担当しました。