学校の特徴

JO-BI UP! = 実践力UP! JOB × i 仕事と私をつなぐ

平成29年4月1日、JO‐BIは大学校へ。

JO‐BIは昭和58年、FSGカレッジリーグの第1校目として開校致しました。
これまでの34年の歴史の中で卒業生は6,000名を超え、福島県内・日本国内・海外の各分野で活躍しています。
平成29年4月、JO‐BIは学校名を「国際ビジネス公務員大学校」とし、新たな歩みを始めます。
大学校という名称変更には、従来の専門学校や4年制大学には無い新たな独自の人材育成理念が込められています。

現在社会が求めているのは企画力・コミュニケーション力・プレゼンテーション力等、より人間力の高い人材です。
JO‐BIではこうした社会背景のもと、普段の授業や資格取得に加え、
カリキュラム内に「実践授業」を取り入れ、実践力の高い人材を育成して参ります。
企業・団体・行政の皆様にご協力いただき、クラスメイトとの調査・研究・発表の過程を通じて、
就職した先の実務で通用する実践力・人間力を高めて参ります。

本校は「誠実・明朗・進取」を校訓に掲げています。
真心のある真面目で明るく朗らかな人物形成と、他の教育機関には無い豊富な実践教育を先進的に取り入れ、
大学校という新たなステージで実社会のリーダーを育てて参ります。

学校長 双石 茂

新校名:国際ビジネス公務員大学校  旧校名:郡山情報ビジネス公務員専門学校

本校の愛称「JO-BI(ジョービ)」とは「JOB(仕事)」と「I(ワタシ)」をつなぐ学校。
若者の夢を確実に実現するという学校の理念が込められており、皆様から「ジョービ」の愛称で親しまれています。